会社によって異なる借り入れ

会社によって異なる借り入れ

キャッシングは大きく分けると二種類に分類することが出来ます。クレジットカードなどについている信販会社系のキャッシングと、消費者金融に申し込んでする消費者金融系のキャッシングです。現代ではこの信販会社系のキャッシングと消費者金融系のキャッシングの二種類が主流なのです。

 

その違いは、会社が違うと言うことだけです。どちらの場合もキャッシングと言うことでお金を借りる事になります。金利も会社によってかわってきますが、それほど大きな開きがなく、どちらの場合も年利で12%程度となっています。金利は貸金法で定められた率があるため、それ以上をとることが難しいため、それに近い数字で安定しているのです。

 

したがってキャッシングをしたいと言う場合にどちらの会社を利用するかは好みと言えます。

 

クレジットカードなどのついている信販会社系のキャッシングの場合は明細書が信販会社からくることに比べて、消費者金融系の場合は明細書が消費者金融からくるため、自宅に消費者金融からの通知がくるのが嫌な場合には信販系を選ぶことになります。

 

それ以外のメリットデメリットと言うのは感じられないので、最終的にはやはり好みでキャッシング会社を選ぶことになります。

 

キャッシングの利用申請で一番重要となる点

キャッシングサービスを受ける際に重要なのは、融資を受けられるようにすることです。これは、簡単なようで難しくなります。利用申請する時には、ネットを利用する場合でもかなり多くの個人情報を入力しなければなりません。

 

金融業者の店舗や無人機を使う場合でも、この点は変わらないのです。多くの人はこの入力を、軽く観てしまってます。書類が不完全であれば、審査をクリアすることはできません。融資を希望する金額が多くなれば、その分揃えなければならない書類も増えます。

 

すべての書類は、正確でなければなりません。間違った情報が記入されてると、申請する人の信頼度が下がってしまいます。どの金融機関であっても、その点は同じです。

 

書類が手書きであれば、読み易さも重要性を帯びます。数多くの情報を入力しなければならないので、途中で投げ出しそうになる人があるのです。利用申請する時点では、融資を受けられるかどうか判らないので、途中で適当に入力する人もあります。

 

例えば、現在の他の業者からの借入額があるのです。ひとつくらい省略しても大丈夫だろうという訳で、何の気なしに省いてしまったりします。すると、業者が個人信用情報機関へ照会した時に、嘘の申告だと判断するのです。

 

このあたりはたとえ専業主婦が借りるにも同じですので、配偶者の安定収入で借りる専業主婦ローン融資であっても気をつけるべきです。